子供世代に受け継ぐ

注文住宅の特徴を知ろう

注文住宅と言えば人気のある一戸建て住宅です。その人気は最初から設計士が造った住宅に住むというものではなく、施主の意見も取り言えれながら設計士と共に一つの住宅を造っていことです。それによって、施主の理想とする住宅に近づけることができるため、出来上がった住宅に住むことで施主やその家族は満足感に満ち溢れているに違いまりません。 その一方で、注文住宅の建築設計はどうしてもお金と時間がかかってしまうという問題点も忘れてはなりません。例えば同じ広さで同じ階数、同じ土地の価格の建売住宅と比べても、注文住宅のほうが2,3割高くなってしまうのです。 また、設計から携わるためどうしても建築が終了して住めるようになるまでには時間がかかってしまうのです。

その種類について知っておこう

注文住宅はこのような問題点はあるものの、依然人気があります。そのため、一言に注文住宅と言っても様々な種類があるのです。一つは二世帯住宅です。親の世代と子供の世代が同居して住むのが二世帯住宅ですが、完全同居型と、一部同居型、完全分離型に分かれます。このうち一番お金がかかるのが、水廻りをそれぞれ2つずつ必要な完全分離型です。もちろん完全分離型が一番人気があります。 注文住宅の中でも最近注目を浴びているのがデザイン住宅です。デザイン住宅とはデザインの専門家が建築した住宅で一見するだけで普通の住宅とは違うことがわかるのが特徴です。例えば、和風テイストを重視した住宅や、クラッシクな味わいがある住宅などです。