癒しを求めて

狭い土地でも可能

様々なことにリラックスや癒しが求められるようになりました。最近では、住宅にもそれらが求められます。インテリアに凝る人や水まわりの充実に心血を注ぐ人、自然素材にこだわる人が増えてきました。今後も、こうした人は増えていくでしょう。 さらに、昔は避けられがちだった土地の人気が高まりそうです。基本的に狭い土地は狭い家しか建てられないので、避ける人が多いですが、その分価格は安いです。これからは、その安さに目をつける人が増えると考えられています。狭い土地でも広い家を建てることは可能です。どう言うことかと言うと、三階建てや四階建てと言う方法があります。この方法を採用すれば、一定の広さの延べ床面積を確保できるのです。

住宅密集地に建てるなら

狭い土地に三階建てや四階建ての家を建てる場合、注意しなければいけないことがあります。狭い土地と言うと、都会の住宅密集地と言うイメージがあります。そう言うところに建てる場合、隣接する家との関係を配慮しなければいけません。部屋の窓が隣の家の窓と向かい合わないように気をつけましょう。1年中カーテンを開けることができなくなります。プライバシーの確保はとても大事です。住宅密集地に家を建てるときは、間取り決めに時間をかけましょう。 また、隣の家との距離が近いと隣の家が障害となり、自分の家の1階に日が差さないと言うこともあります。昼間から照明をつけることになると、電気代がかさみます。採光の確保もよく考えましょう。