家

土地価格の上昇

一戸建ての価格

一昔前までは日本人はマンションよりも一戸建て住宅に住む事を好む傾向が強かったため、中古一戸建て住宅に対する需要は強く、中古一戸建ての売買価格は安定的に推移していました。しかし1990年代以降はマンションを好む人が増えた事を受け、中古一戸建て住宅に対する需要は減退し、その結果として売買価格も弱含みに転じました。これはマンションの方が売買流動性が高く、資産価値の減価スピードが遅いと考えられるために、若者を中心にマンションを好む人が増えた事が背景として挙げられます。しかし、2010年以降日本経済が回復し、土地価格が上昇に転じた事を受け、土地をまとめて購入できる中古一戸建ては再度注目を集めるようになり、価格は緩やかに上昇しています。

バブル後の様子

一昔前までは不動産の中古物件の売買市場は、中古一戸建ての物件がその体勢を占めていました。現在では主流になりつつある分譲マンションも、市場に数多く供給されるようになったのはここ数十年の事であり、それまではあまり中古物件の売買市場には出てこなかったのです。しかし1990年以降は分譲マンションの中古物件が中古不動産市場で存在感を高め、一戸建て住宅の取引量は年々減少するようになりました。これはバブル崩壊後に土地神話が崩壊した事により、戸建て住宅の取得に慎重になる人が増えた事が背景にあります。しかし土地価格の下落に歯止めがかかり反転基調が鮮明となった2010年以降は、中古一戸建ての売買件数も盛り返しつつあります。

癒しを求めて

住宅に求めるのは毎日を快適に過ごすための癒しであることが多いでしょう。狭い土地だと難しいと思われるかもしれませんが、自然素材を浸かった住宅なら癒しと快適性を兼ね備えた住宅が築けます。

詳細を確認する

子供世代に受け継ぐ

住宅は長く使っていく空間であり、注文住宅の場合はさらに自分色に染めることができるからいいでしょう。また、子供世代に受け継ぐことを考えて設計・施工を依頼される人も多いので個性が出ます。

詳細を確認する

デザインで変わる

注文住宅は一から築きあげることができる住宅ということで話題になっていることでしょう。ここで特徴的なのはデザインや施工方法による価格の変化であり、住宅メーカーごとでその特徴が異なります。

詳細を確認する